2012年11月19日

意匠性金属板用表面保護材「SPV-FB-5030」

いつも大変お世話になり有り難うございます。

本日は、弊社取扱いの人気商品、日東電工様製の表面保護材を紹介させて頂きます。
早速ですが、みなさん意匠性の高いフッ素樹脂塗装等を施した後、どのような表面保護材を利用して養生されていますか?

季節によっても変わりますが、現場搬入後保護材の糊残り汚染や糊が強く付き過ぎてフィルムが剥がれない等、表面塗装に悪影響を起こすリスクを避けるため、糊のない紙養生やPEシート等でキズがつかないように工夫をされていると想像いたします。

今回ご紹介の日東電工製表面保護材「SPV-FB-5030」は、まさしく塗装鋼板など塗装表面に適したポリオレフィン系表面保護材です。
ポリエステル・アクリル・メラミン・フッ素系塗料等などあらゆる樹脂塗装でご使用いただけます。

一般的に透明のクリアータイプの表面保護材は基材の耐候性に乏しいと言われていますが、この「SPV-FB-5030」は透明クリアーの基材にして耐候性に優れており、屋外使用が可能といった特長があるわけです。しかし、日東電工さんは、いつもながらgoodな商品を開発されますね!画期的です。

hyounenhogozai1.jpg


基本的に表面保護材(粘着付)は紫外線が一番の大敵です(女性も紫外線は大敵ですね)。
現場に塗装鋼板を搬入した後は、塗装面が紫外線の影響を受ける前に出来る限り早く表面保護材を剥がします。これは重要なポイントです。
しかし、現場によっては、取り付け箇所の都合上、どうしても保護材を貼った状態で屋外に放置するといった過酷な環境におかれる場合もあるのが現状です。

「SPV-FB-5030」はそういった悩みを解消できる耐候性に優れた塗装鋼板向けの表面保護材なのです。
塗装業者様もちろんのこと、現場で施工されている職人さんも安心してご使用いただけると思います。
まずは、一度サンプル評価してください。
私の最近の一押し商品です。是非お試しください。

表面保護材のことなら、グッドライトホンシュウ
posted by GLH at 18:50| Comment(3) | 表面保護材
グッドライトホンシュウブログ「ありがとうございます。グッドライトホンシュウでございます」
google+ facebook twitter
ご注文お問い合わせ

カテゴリ
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最近の記事
タグクラウド
最近のコメント
過去ログ
 このブログは2012年10月31日に開始されました。
 
Powered by さくらのブログ